« 2009.11.07 カワセミ | トップページ | 2009.11.10 アポクロマートAF »

2009年11月 8日 (日)

AFレンズとズーム位置の違い

昨日、カワセミが出るまで長い時間があったので、W.O.80 ED II アクロマートAFのAFレンズとズーム位置の違いによる差が判ればと思い、組み合わせを変えて撮ってみた写真をピクセル等倍で並べてみました。

一番上がD40FL420mm、ズーム位置70mm,100mm,150mm,200mm,300mm

二番目がD50FL600mm、ズーム位置70mm,100mm,150mm,200mm,300mm

二番目がD50FL800mm、ズーム位置70mm,100mm,150mm,200mm,300mmです。

All ピント合焦していたはずが、FL420mmのズーム70mmのやつは明らかに後ろにピントいってしまっていました。

並べてみたところ・・・結局良く判りませんでした。

各1枚ずつじゃなく、それぞれがキチンと撮れるまで試さないと真価がわからないですね。

昨日の写真はD50FL800mmのズーム位置300mmで撮ったと思いましたが、この写真よりもはるかに解像しておりました。

なかなか難しいです。

|

« 2009.11.07 カワセミ | トップページ | 2009.11.10 アポクロマートAF »

コメント

kjoe さん、考えさせられる実験ですね。ひとついえることは、Size Lにおいて、70mm、150mmはケラレの発生する領域ですので、深く分析する価値はないと思います。このケラレというのは具体的には周辺減光ですが、撮像素子から見た「見掛け視界(Apparent Field Of View)」の欠落によるもので、光学系が正常に(全きかたちで)動作していない領域だからです。

いっぽう20mm、300mmについては評価は難しいですね。画像を等倍ではなく、ターゲットの大きさを一定にした場合はどうなるかということがあります。その場合は、光学的に拡大することと、ピクセル的に拡大することの優劣が現れてくると思います。

投稿: Secnat | 2009年11月 8日 (日) 21時17分

そうですね。70mm、100mmはケラレが大きくて使い物になりませんね。70~300まで幅広く試す事により、何らかの傾向が見られれば良いなと思いましたが、そうは甘くありませんでした。

ピクセル等倍で比較しておりますが、最終的には合焦精度や、解像感など色々な要素を含めて「使い易い」ポイントを見つけたいなと思っております。

先はまだまだ長そうですが探りながら楽しんで使って行きたいと思います。

投稿: kjoe | 2009年11月 8日 (日) 21時52分

>そうですね。70mm、100mmはケラレが大きくて使い物になりませんね。

ケラレはエクステンションチューブの追加で無くなります。

投稿: 莉思慕 | 2011年3月10日 (木) 22時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191929/46707372

この記事へのトラックバック一覧です: AFレンズとズーム位置の違い:

« 2009.11.07 カワセミ | トップページ | 2009.11.10 アポクロマートAF »