« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月29日 (日)

2009.11.29 ジョウビタキ

本日はW.O.80EDII+ZD70-300mm+G1で出動です。

鏡筒の稼動部分のガタが気になっていたので、昨日晩御飯を食べるのも忘れて工作しておりました。今回はスライドのスムースさは切り捨てて遊び0を目指しました。

鏡筒の外径が90mm、内径が86mmなので3mmの塩ビ板を切り抜き、お湯で柔らかくして鏡筒の内側にフィットさせてみましたが、いざBORGの80mm鏡筒を入れようとしたら入りません。どうやら筒の端のリングが80mmより微妙に大きいようです。

2mm厚の塩ビ板でやりなおして敷居すべりを張りましたがまたまた入らない。敷居すべりの両端の厚いところを切り落として、何とか押し込むことができました。が、力任せに押し込まないと入りません。これじゃあ撮影時に光路長を思いのままに変えるというのは無理ですが、当初のガタ0は達成できたので良し!とします。

そして肝心な写りですが、

P1010078 こんな感じです。前よりはシャッキリした感じがしますがいかがでしょう?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月28日 (土)

2009.11.28 モズ

今日は1カ月ぶりくらいにスコープを持ち出して鳥見に行ってきました。

なぜスコープかというと、NIKONの高倍率接眼レンズ「40xワイド/60xワイド/75xワイドDS」を購入したので試したかったといったところです。

使ってみた感想は、ワイド端では周辺減光がきつくズームすると画質が落ちるため使える幅は狭いですが、条件が合えば面白そうです。

Dsc05427_2 TSN-884+75xWDS+W300

後ろではやにえにされているバッタが無残です。

余りに暗かったので明るさいじりましたが、まだ暗い感じですね。もう少し早い時間に撮ったアオジでも。

Dsc05226

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月23日 (月)

2009.11.23 ジョウビタキ

今日は用事があり、鳥見ができなかったので昨日撮ったジョウビタキでも。

まだ警戒心が強く近くまで寄ってきてくれませんでしたが、小さく写った姿も可愛いです。

P1000920

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月22日 (日)

2009.11.22 タシギ

今日は足を伸ばして林道に行こうと思っていたが起きた時は既に雨模様。

観念してもう一眠りし、昨日に引き続き近所の里山へ2時間ほど鳥見。カワセミ、モズ、キセキレイ、ジョウビタキ、アオジ、タシギなどが遊んでくれました。

P1000986

リサイズ+アンシャープマスク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月21日 (土)

2009.11.21 三連休初日の鳥見

今日もW.O.80EDを持って鳥見。最近スコープの出番が無く防湿庫でお休み中。

当初、足を伸ばして林道に向かおうと思いましたが、ここのところの激務の疲れか起きられず、近所の里山に向かう事に。

いつものアリスイに会えるかな?と期待しつつ到着すると、いつもの常連さん達が一人も居ない。見知らぬ4人組みの先客が居るのみ。この先客達、モズが居るとアリスイが来ないと言いながら石を投げてモズを追い払っている。「くそっ!外れた!」とか言ってる・・・当てる気だったのか。

嫌な気分のまま場所を離れてセキレイに遊んでもらう。

P1000819 リサイズ+アンシャープマスク

欲を言えば、もう少し絞りたい+SS上げたかった(F5.6、SS1/20)けど、近かったので解像感バッチリでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月14日 (土)

2009.11.14 BORG 50EDII

明日は撮りに行けないので、雨の合間を縫って何とか試しに行ってきました。

時間があればAFレンズを付け替えて比較テストをしたかったのですが、時間も無くBORG50EDIIで試し撮りをするのが精一杯でした。

ここのところ、焦点距離800mmをAFレンズに使っていたのですが、今回は500mmと手頃なサイズのため、合焦範囲が広く使いやすいので戻れなくなりそうです。

で、画像の方ですが、今日は雨が降りそうな曇り空で15時近くという状況でしたが、非常に満足の行く結果が得られました。

P1000694_2※リサイズ&若干アンシャープマスク

D50FL800mmとの比較という事では何もつかめませんでしたが、暫くこの組み合わせで使って行こうと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月10日 (火)

2009.11.10 アポクロマートAF

まず最初にお断りしておきますが、スコープタウンさんのアクロマートレンズに不満がある訳ではありません。不満どころか期待以上に素晴らしい物でした。今回の実験は単に私の好奇心によるところだけです。

ここのところアクロマートAFはAFレンズの長焦点で画像の劣化が少ない事が検証されて来ているようで、私も大変興味があります。ただ、それ以上に私の好奇心を刺激したのが対物レンズでアクロマートとアポクロマートの比較でした。AFレンズは対物レンズ程、レンズの収差等が顕著に出ないと思われますが皆無じゃないと思います。じゃあAFレンズにアポクロマートを使用したらどのような感じになるのでしょう?目で見て明らかに差が出る程の違いは無いかも知れません。しかし、気になってしまった以上試して見なければ・・・ということで本日汐留勤務の後で神田の共栄商事さんへ駆けつけて、50mm玉、焦点距離500mmのアポクロマートレンズを買ってきました。週末にフィールドテストを行うのが楽しみです。

Dsc05195

レンズフードは冗談です。使用時には外します。

BORGには一切加工せず、No,7901とNo.7407を使用してBORG50EDIIのセル部分だけが58mmにポン付けできました。

テストが終わって、常用する程の結果が出なければ直焦点として使えばいいや程度の軽い気持ちでテストができるので気が楽です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年11月 8日 (日)

AFレンズとズーム位置の違い

昨日、カワセミが出るまで長い時間があったので、W.O.80 ED II アクロマートAFのAFレンズとズーム位置の違いによる差が判ればと思い、組み合わせを変えて撮ってみた写真をピクセル等倍で並べてみました。

一番上がD40FL420mm、ズーム位置70mm,100mm,150mm,200mm,300mm

二番目がD50FL600mm、ズーム位置70mm,100mm,150mm,200mm,300mm

二番目がD50FL800mm、ズーム位置70mm,100mm,150mm,200mm,300mmです。

All ピント合焦していたはずが、FL420mmのズーム70mmのやつは明らかに後ろにピントいってしまっていました。

並べてみたところ・・・結局良く判りませんでした。

各1枚ずつじゃなく、それぞれがキチンと撮れるまで試さないと真価がわからないですね。

昨日の写真はD50FL800mmのズーム位置300mmで撮ったと思いましたが、この写真よりもはるかに解像しておりました。

なかなか難しいです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年11月 7日 (土)

2009.11.07 カワセミ

今日もW.O.80EDを持ってカワセミに会いに行ってきました。

・・・が、待てども待てども姿を見せてくれません。

6時間半待ってやっと姿を現してくれた時にはもう夕方になってしまいましたが、ずっと待っていただけに可愛いさ三倍増しです。

P1000543 ノートリ、ノーレタッチです。(夕日で色が変わってるけど)

やっぱりW.O.80EDII良い感じです。暗かったのでISO400まで上げましたが、ここまでなら使っても良いかなと思います。

しばらくメインはこの組み合わせで、デジスコは高倍率接眼を購入してドアップor遠距離証拠写真専門で使おうかなと思ったり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 3日 (火)

2009.11.03 ヤマセミ

前玉下がりが気になっておりましたが、先日フィールドで見たことの無い長さのロングプレートを使っている方が居たので尋ねてみたところ、常連さんが作られた物であるとの事。

偶然その日も製作した方がいらっしゃって、お願いしたところ最後の一本を譲っていただく事ができました。市販品では満足できる物が無く、どうしようか悩んでいたところでしたが全て解決です。感謝感謝です。

Dsc05194 GITZO2380に直接載せることができる優れものの45cmのロングプレートです。しかも市販品と言っても信じてしまうクォリティの高さです。

これで前玉下がりの心配が無くなり、振動の収まりも格段に早くなりました。

このシステムで撮った写真はと言うと・・・

P1000368 私の中では合格点です。

システムとしては完成で、あとは私の中でシステムを理解していないところがあるから、そこを使いながら感覚で理解していこうと思います。

とりあえずは、以下の条件での写り(解像感)に対する影響の有無を知る事かな。

条件とは、

カメラレンズのズーム位置は固定したまま。

・カメラレンズのピント合わせが可能な範囲で鏡筒最短の場合と最長の場合。

・被写体が近い場合、遠い場合。

もしかしたら違いは無いのかも知れませんが、このシステムの得意なところを探して重点的に使用したいと思います。

おまけ

本日はとても恵まれており、ヤマセミがつがいで遊んでくれました。直射日光が当たりちょっと残念でしたが、二羽並びも貼っておきます。

P1000303

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 1日 (日)

2009.11.01 キビタキ

今日もW.O.80を持ち出して鳥見に行ってきました。

が、鳥の出が悪く余り写真を撮れませんでしたが、そんな中の一枚。

P1000221

昨日、今日と使って感じたのはAFはバッチリで満足しておりますが、どうにも思ったより解像感が無いようです。鏡筒の支持が一箇所ずつなので、月のように遠いものは良いけど近くを撮る時は前玉が下がっているのかも知れません。とりあえず、次の鳥撮りまでにはW.O.80の支持を2ヶ所にして様子を見てみます。あと、AFレンズと70-300mmの間に入れている保護フィルターも一度取り外して試してみようと思います。光学的に不要な物は光路間に置かないのがベストなので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »