« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月24日 (日)

2010.10.24 カワセミ

α55+アクロマートAFで飛びものを対象に連写AFを試してくる予定でしたが、残念ながら腕の問題でせっかくのチャンスを生かすことができませんでした。

ということで今日も止まりものです。

Dsc00033

α55+W.O.80II ED,f/4.5,SS:1/500s,ISO-500,リサイズのみ

ピクセル等倍で切り出したものは以下です。

Dsc00033_2 ピクセル等倍でもなかなか見れると思うので早く動きもので試してみたいもんです。

※色収差が出てますがマスターレンズのせいかな?

ただ、焦点距離が短いためメインはデジスコで動きもの用としてサブでα55かな?と。ただそうなると荷物が多過ぎてきつそうですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月23日 (土)

α55+AF望遠鏡

やっとSIMGA70-300mmに80鏡筒が固定できたので全玉抜きを行い、α55アクロマートAFができあがりました。対物レンズはWILLIAM OPTICS ZENITHSTAR 80 II ED APOを繋いでます。

P1010687 ズームリングが固着すると困るのでほぼ全バラしたために組み上げで難航し(パーツ点数が少なく簡単なのですが、ネジが混ざってしまい何度もバラすはめになりました)、完成したのが夕方となってしまいました。

取りあえず試写してみたところ、無事5m~無限遠程度まではピントが合うようです。

α55の高感度を見てみたかったので一枚試し撮り。

Dsc00010α55+W.O.80IIED, f/4.5,SS:1/200s,ISO-1600,JPEG撮りのままリサイズのみ

なかなか高感度でもノイズ感を感じないですね。明日できれば連写AFを試してみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月22日 (金)

FLIPOUT復活

謎の突然死を迎えたFLIPOUTですが、その後突然復活しました。

突然死の原因も不明ですが、復活の原因も不明です。やった事と言えば3時間程電池を抜いた状態で放置して、その後充電してみたら普通に使えました。

突然死の時は昨晩から充電したままの状態でしたが、何らかの原因で充電できないまま完全放電してしまったようにも思えます。が、余りにタイミングが良すぎますね。

まぁ、現在普通に使えるので良しとします。現在の元気な状態のFLIPOUTです。

P1010688

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月20日 (水)

FLIPOUT死亡

日曜日から使用しているMotorolaのFLIPOUTですが、今朝突然文鎮化してしまいました。

朝、ブルっとメール着信の知らせがあったのでメールを見ようとキーボードをオープンすると通常のホーム画面が表示され、eBayからのSPAMが届いている事を確認。「ちぇっ」と思いつつ開いて削除しようとする間もなく画面がブラックアウト。

それ以来、電池を外して入れなおしたりしましたが一切パワーボタンに反応無し。これは修理行きですね。購入したショップに連絡を入れてみようと思います。

もしかしたら、使い方が保障対象外になるのかな?やった事と言えば

・root化、MMS設定

・アプリインストール(Morelocal2、Simeji、Twitter、Facebook)

程度です。一番目のがアウトくさいですが。

※追記

「FLIPOUT」「文鎮」などの検索キーワードで来た方の中でブート途中で固まるorブート無限ループの方は「FLIPOUT」「レンガ」で検索すると解決方法が見つかるかも知れません。ROM焼きを薦めるわけではありませんが、それでも何とかしたいという人には参考になるかも知れません。私のように無反応の状態はROM焼きすらお手上げですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月17日 (日)

またまた名前のわからない写真です

夏休みの写真整理をしておりましたが、また名前のわからない鳥の写真が出てきました。

撮影時の情報としては、

・ルソン島中部、農地にて

・撮影日時 9月23日夕方

チドリの種類っぽく思えるのですがこんなところで?という感じもしますし、図鑑を見ても該当する種類が見つけられないです。

わからないままだけど、ブログに貼っておけば国王様あたりが教えてくれないかなぁと期待してアップ。

Dsc06467

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月15日 (金)

2010.10.15 イギリスからの荷物

イギリスのショップで買った携帯電話が日本まで来ました。DHLを選択しましたが正解でした。早くてトラッキングがリアルタイムに詳細まで見れるので届くまで楽しく待てます。

イギリス→ドイツ→香港→日本というルートで送られてきているようです。アジア圏はこの拠点を経由とかってルートが決まっているのでしょうか。

Dhlflipout

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月11日 (月)

2010.10.11 トカゲ(名前不明)

マキリン山に探鳥に行った時、鳥は全然見つかりませんでしたが小型のトカゲが見つかりました。

石の上で日光浴をしているようで逃げる気配がありません。せっかくなのでスコープで覗いてみると…目の上に蚊が止まって血を吸っているじゃないですか。トカゲのように鱗があっても蚊に血を吸われるんですね。ちょっとビックリです。

Dsc06223 TSN-884+TE-17W,F/5.5,SS:1/4s,ISO-80

滞在中はデング熱(dengue fever)のニュースばかり毎日流れており、蚊が怖かったのでこれを撮った後そそくさと移動しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月10日 (日)

2010.10.10 Striated Grassbird

Striated Grassbird(オニセッカ)です。

普段は声だけで姿を見つける事ができませんでしたがアカモズが留守の時にちょこっと現れてくれました。

見た目メグロヒヨドリよりちょっと大きな感じです。

Dsc06269 TSN-884+TE-17W,DSC-W300,F/5.5,SS1/50s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 9日 (土)

2010.10.09 Pied bushchat

ぼちぼちと旅行の写真を整理しております。

これはPied bushchat(クロノビタキ)の雄だと思います。

Dsc06474

TSN-884+TE-17W,DSC-W300,F5.5,SS:1/25s.ISO-80

農地のかなり遠くで見つけました。デジスコのテレ端で撮りましたが、小さかったため結構トリミングしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 4日 (月)

2010.10.04 Brown Shrike

今回の旅行で一番遊んでくれたのがコレです。Brown Shrike、見たまんまモズの仲間です。遠征してまでモズとヒヨドリが遊び相手という・・・。

Dsc06337

TSN-884+TE-17W,DSC-W300,F:5.5,SS:1/30s,ISO-80

これはBrown Shrike(アカモズ)のメスです。里山での探鳥と同じようにココでも幅を利かせて周りの鳥を威嚇しまくってました。一番のターゲットは昨日のメグロヒヨドリとなってました。

モズ自体も個体数が多く、モズ同士の戦いも度々あり、写真を整理したら尾羽がボロボロの個体の写真も出てきました。いつも他の鳥を追い回しているモズも中々大変なんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 3日 (日)

2010.10.03 Yellow-vented bulbul

旅行中、合間に良く遊んでくれた二種類のうちの一つです。もう一種類は明日にでも。

警戒心も低く、民家のそばでも良く見られました。図鑑で調べるまでは名前もわかりませんでしたが、とても鳴き声がうるさく良く見かけるので自分の中で「キレイなヒヨドリ」と呼んでました。

この鳥の名前はYellow-vented bulbul(メグロヒヨドリ)と言います。実際にヒヨドリでした。

Dsc06433_2

TSN-884+TE-17W,DSC-W300,F:4,SS:1/200s,ISO-80

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 2日 (土)

2010.10.02 White-throated kingfisher

こちらも目的の鳥の一つ、White-throated kingfisher(アオショウビン)です。

遠くに鳩くらいで青い鳥が横切ったように見えたので付近を探していたら、川にオーバーハングした木の下に止まっているところを見つけました。

距離があり、暗かったため撮れた写真は真っ黒に近い状態でしたが、トーンカーブをイジって取りあえず見えるようにしました。何とか証拠写真が撮れたといった感じですね。

Dsc06504

TSN-884+TE-17W,DSC-W300,F5.5,ISO-80,ss:1/4s

キレイに撮りたいのでまたいつかココに来ようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »